ギャラリーを見る
©Beal International

表面に留まる水分への対策

戻るページへ Capilasil

浸透させて壁面を保護 ー 弊社の撥水剤の特徴は、壁面の蒸気交換能力を保ちながら、表面に撥水性を持たせることです。CAPILASIL は壁面素材の多孔質の大部分を埋めること無く効果を生み出す素晴らしい組成を持った製品です。煉瓦、コンクリート、或は木など、処置を施す下地の種類に応じて、数種類の製品をご用意しています。水溶性の製品等もございますので、ご要望の際はぜひ詳細をお問い合わせください。

利点

  • 外壁を強い風雨から保護します。
  • 凍結で生じる壁面割れの危険性を防止します。
  • 施工後も、壁面は蒸気交換し続けるので、壁面内側に結露を生じません。
  • 乾燥した壁面は、湿ったものよりも良好な断熱性を有します。壁面の本来の断熱効果を維持するので経済的です。
  • 白華現象(エフロレッサンス)を生じません。
  • 苔やカビの発生を抑えます。
  • 壁面は清潔なままで保たれます。

施工方法

CAPILASILは、防水性能の必要となる面に、簡単にそのまま塗付けるか、または刷毛などで塗付けられます。下から上に向かって塗付けてください。
BEALの技術チームは、より深い製品の浸透を図る為に、「製品が乾く前に塗り重ねる工法」を常にお勧めしています。これは、乾く前に塗り重ねると、始めに浸透した製品をさらに奥へと押し進めながら浸透させる効果がある為です。この侵入の深さが、製品の効果の耐久性を向上させます。

Imprégnation de briques avec hydrofuge Capilasil
©Beal International

特徴

ご使用いただくCAPILASILの種類は、下地の材質、およびその多孔性によってお選びいただきます。また施工状況(例えば、下地が乾燥しているのか、湿気をおびているかなど)によって、最適な解決方法を見いだします。お客様の現場の仕様に最適な方法を見いだす為に、是非事前に我々にご相談ください。 消費量は、石積み壁(或は粘土レンガ)で、1リットル/1-3m²、またコンクリート壁で1リットル/3-6m²です。製品はCSECの表面防水の性能試験済みです(HD-340/133–83リポート)。

荷姿

CAPILASILは、 5、25リットル入の2種類の製品をご用意しています。