• 様々な動きに晒されることで発生するMORTEX® コーティングの亀裂を、どのように軽減できますか?

    常に、清潔で埃が付着していない、安定した下地に施工することが前提です。
    疑いがある場合は、強化ネットBEALTEX を2層施工の際の層の間に伏せ込みます。
    グラスファイバー製のBEALTEXは、比較的弱い力の動きに対応するためのもので、すべての割れの原因に対応することを保証するものではありません。
    下地に大きな幅の割れが発生しても、その部分のMORTEX® の膜には、細かなヘアークラックの発生のみ抑えることができるよう、網状の強化布が下地の動きを吸収し、割れに対抗する役割を担います。MORTEX®コーティングにはある程度の柔軟性がありますが、ゴムのような弾性はありません。
    動きが依然止まっていない亀裂部を修繕することは、下地の構造レベルで動きの原因を改善しない限り、常に困難です。壁面や床にエキスパンジョイントがある場合には、必ずそれを尊重しつつ、MORTEX® コーティングの施工を行ってください