おいしいだけでなく美しい:「Blanco」レストランへようこそ

場所

施工現場の詳細

施工現場

  • レストラン「Blanco」の内部改装(Keith Haringplein 7, 8300 Knokke-Heist)
  • インテリアデザイナー:アントニー・ボエレルト
  • 使用素材:MORTEX®シリーズ、Beal International

トレンディでありながら時代を超えた装飾

レストラン「Blanco」のテーブルに座ると、メキシコ料理と地中海料理を融合した料理を味わえるだけでなく、豪華なセッティングを楽しむこともできます… そして非常に「インスタ映え」します。クノッケヘイストの必見スポットのひとつです。

メニューと同様にインテリアもユニークで、オーナーの個性が反映されています。このプロジェクトだけでなく、人生のパートナーであるダヴィッドとセリーヌは、自分たちのキッチンのような、他にはない空間を作りたいと考えていました。その結果、驚きがあり現代的な、しかも飽きのこない装飾が実現しました。

白、でもそれだけではない

ソフトでピュア、そして温かい雰囲気を演出するために、装飾家のアントニー・ボエレルトは、さまざまな色合いの白といくつかの「ヌード」トーンの組み合わせを使いました。例えば、テクスチャーのあるピンクの壁(MORTEX®コーティングを使用)は、部屋に女性らしさと温かみをもたらしています。カーテン、チェア、テーブルリネンなどの素材の組み合わせと黒のタッチで、全体をよりダイナミックに演出しています。

オーダーメイドのベンチ

「Blanco」では、壁の一部に加え、印象的なデザインのオーダーメイドのベンチにもMORTEX®コーティングが使用されています。この曲線のベンチは、空間を縫うように配置され、いくつかのテーブルの座面として機能します。MORTEX®コーティングの有機的で素材感のある仕上がりが、繊細なカーブを描く家具を美しく仕上げています。エスプリを感じさせる、差がつく仕上がり!

明るく暖かい床

「Blanco」では、床にもMORTEX®コーティングが施されています。グレージュを選んだことで、店内にさらに温かみが生まれました。また、この色は、白いベンチと壁が醸し出すピュアさを、対照的に強調しています。

MORTEX®コーティングが選ばれたのは、美観的な理由だけではありません。メンテナンスが容易で、長寿命、耐久性に優れていることから、HORECA(食品サービス業界)の空間には欠かせない素材となっています。