よくある質問

34結果が見つかりました

21. スラブ、スクリード、またはスタビリゼの違いは何ですか?

スラブ: (湿式混合)鉄筋を入れ、建物の構造を安定化させるためのものです。通常表面は粗いままで、セメント含有量は、350 kg/㎥ です。
スクリード: (湿式混合)スラブに比べセメントの配合量は少なく250 kg/㎥ です。小石は混ぜず、砂、セメントのみを混合します。
スタビリゼ: (乾燥混合)上記2つのものよりさらにセメント配合量の少ない床施工法で、舗装タイルなどを上から敷きます。 MORTEXはこの上には施工できません。

22. MX06 – Mortex®コーティングで、水泳用プールの施工は可能ですか?

可能です。しかし、プールや貯水槽づくりに特化した弊社の施工システムに精通し、すでにプールなどの施工経験のある施工者限定となります。施工前に、弊社のテクニカルサービスにお問い合わせください。

 

キーワード:Mortex、水泳用プール

23. どこでMORTEX関連製品を買うことができますか?

販売店をお探しの方は次のリンクをクリック: 弊社の販売店

24. MX07 – ニスで汚れ防止加工されたMORTEX®コーティングに、染みや汚れがつくのを防ぐためには?

ニスの汚れ防止効果をより的確に作り出すためには、塗装の標準的かつ一般的な方法を尊重しつつ、 www.bealinternational.com に公開掲載されているテクニカルデータシートの説明に従って塗布しなければなりません。

引っ掻き傷や衝撃で破損したニスの表面には、汚れ防止効果が保たれず、汚れや染みが染み込んでしまいます。この様に付着した汚れや染みは、除去するのが大変困難であり、不可能なケースもあります。

各製品のテクニカルデータシート(www.bealinternational.com)をよくお読みになり、ご使用の際には十分に注意してください。

 

効果的に汚れ防止加工を行うためには、

– 下地を完全に硬化、乾燥させるまで適切な養生時間をとり、ニスを塗装する表面を汚れや埃の無い清潔な状態に準備します。

– 適切な刷毛やローラーを選び、刷毛目やローラー跡が残らない様に段階的に力を緩めながら、塗り方向を縦横に順次交差させ塗り作業を進めます。

– 凹凸の激しく、且つ、小孔の沢山ある表面に仕上がった面にニスを塗り付ける際、刷毛やブラシの頭で軽く叩きながら圧力をかけて、空洞となった部分の内部にニスを入れ込む作業が必要です。 この作業を行わないと、水や油脂がこれらの穴から侵入してしまいます。そのように保護剤の膜の下に広がってできた染みや汚れを除去することは大変困難であり、完全に取り除くことはほぼ不可能です。

 

キーワード:MORTEX®、染み、ニス、ダメージ、傷

25. MORTEXの表面は汚れ防止保護をしなければなりませんか?

MORTEXの膜は、表面が天然石と同じ性質を持っています(水を通さないけれども、多孔質な表面)。室内で、仕上げ材として使用する際には、そこで発生する汚れに応じた保護を施す必要があります。(食べ物、油汚れなど…)。最適な保護剤を決定する為には事前にサンプルを作成されることをお勧めします。

26. MX08 – ニスで汚れ防止加工されたMORTEX®コーティングに付着してしまった汚れを落とすには?

ニスで汚れ防止加工されたMORTEX®コーティングに汚れや染みがついた場合は、傷や衝撃によってニスの膜に隙間の生じてしまった結果の汚れの侵入、あるいはテクニカルデータシートに記載されている手順や方法を遵守せずに行われた施工不良、が原因である可能性が高いです。
これらによって生じた汚れを取り除くためには、人工ダイヤモンドの施された研磨用ディスク等を使い、既存のニスを完全に取り除く以外、解決策はありません。

サンディングを行う前に、汚れた部分に吸収性の高い紙を何層も重ねて押し付け、毛細管現象を利用して汚れを吸い出す作業をお試し下さい(このFAQの「毛細管現象による汚れ吸い出し方法)を参照してください)。

吸い出しによる洗浄作業の効果が得られないと判断された場合、汚れた部分が完全に取り除かれるまでMORTEX®コーティングを研削研磨し、再び同様の汚れの問題が発生しないよう、新たにMORTEX®コーティングを、以前より平坦かつ滑らかに仕上げる必要があります。 その際、MORTEX COLOR F2を使用することにより、より滑らかな表面を容易に作り出すことができます。

MORTEX®コーティングを完全硬化、乾燥させた後(www.bealinternational.com に掲載されているテクニカルデータシートを参照)、適切な施工方法に従ってニスを塗布します。
注意:浴室やシャワー室などで防水性能を引き出しつつ施工している際には、研削、研磨によってMortex color 2Nの2層のテクニカルレイヤーの防水システムに損傷を与えてしまう可能性があります。その際にはその部分をきちんと補い、防水システムを復旧させる必要があります。

(各MORTEX®システムの違い、について参照)。

 

キーワード:MORTEX®、汚れ、ニス、ダメージ、傷、サンディング、研削研磨

27. 床暖房の発熱部位に直接床材を塗付ける新しい工法で床をつくろうと考えています。 MORTEXを使うことは可能ですか?

まだそのような方法でMORTEXを使用した実例がありません。その新しい工法(直接発熱部位に塗材を塗付ける)が、薄い膜での仕上げができるのであれば、使用可能かもしれませんが、最終的な判断は試験施工で確認することでしょう!

28. 誰にMORTEXの施工を依頼できますか?

BEAL にお問い合わせいただければ、Mortex®を施工可能な業者の方をご推薦できます。弊社からの推薦があった業者を選ばれたのちも、その施工業者の行った現場などを実際に訪れ、仕事の質を確認したり、最終仕上げの様相がよく分かる見本の提示などを求める事を常にお勧めします。特に見本にはきちんと使用予定の汚れ保護剤を塗って、仕上げの色や表面仕上げについてご要望どおりのものかどうか確認する事は大切です。また入れ角、出角の仕上げ方も確認することをお勧めします。

29. MX09 – どのようなタイプの伸縮目地が、MORTEX®コーティング、またはMORTEX®コーティングと他の材料との間に使用できますか?

壁や床、什器などの接続部、周囲に回らす為の伸縮性目地やMSポリマー(天然石、ガラス用)は、材料の伸縮膨張で発生する動きに対処するために使用を推奨されています。また目地幅が大きいなど、必要な際は目地材をうつ前に、バッカーの使用をお勧めします。

上記の目地材は、従来のシリコーンと異なり、MORTEX®コーティングや他の素材の下地に油染みを発生させません。加えてMSポリマーは優れた防水性能を有しています。建物の構造的な動き(膨張収縮など)を緩衝するエキスパンション・ジョイントにも使用されるタイプの目地材です。

オイルの汚れ防止剤を使用される際は、その前に目地材を施工する必要があります。
浴槽やシャワートレーとの取り合いを施工する際には、Lアングルなどを使ってMORTEX®の縁との間に均等な3mm程度の幅を設け、MSポリマーで隙間を埋める方法をお勧めします。

目地材の施工は慎重に行ってください。必要に応じてバッカーを使用します。
吸水口など水栓金具の取り合いには、MSポリマーの目地材をうつ必要があります。
伸縮性のある目地材は定期的な点検を行い、必要な際は交換してください。

 

キーワード:ジョイント、エキスパンション、MSポリマー、

30. 床暖房にMORTEXを使用した時、どのくらいの温度まであげる事ができますか?

従来の床暖房の温度と同じ、28〜29℃で使用してください。

質問する

  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。
よくある質問に戻る